モバイルのUIのより少ないタップの要求

Translator by Satoshi Kikuchi2014.11.11

私達のモバイルデバイスのサイズが大きくなり、複雑になるとき、タップジェスチャーに、キーとなるインタラクションを任せすぎることは、おそらく逆にシンプルでスムーズがインタラクションをデザインを遠ざけてしまうかもしれません。

タップの何が悪いのか

タップターゲットとして明確な目的の上に設計されたインターフェイスには、「わかりやすさ」という利点があります。いいかえると、インターフェイスの中核にある目的とスクリーン上においての操作によるコミュニケーションともいます。そう思わないだろうか?そうだろう、しかしそこで止まっている。

たくさんのタップ(特にはっきりとしない)は、簡単なタスクの為にスクリーンを横断することになる。それぞれのスクリーンがロードされ、パースされ、流れの中での次のアクションがユーザーによって完全に理解されてしまう。 もっとよくできるはずだ。これらの例をイラストにしてみた。

タップは必要ない

時々、一番優れたユーザーインターフェイスは、インターフェイスがないことだと考えます。

Passbook from 4 taps to zero

フルード・タッチ・ジェスチャー

フルードタッチジェスチャーは、インタラクションをショートカットジェスチャーで強調しできます。フルードタッチジェスチャーはよくある重要なタスクに必要なタップの数を、かなり減らすことができる。

Fluid Touch Gestures

Top